ED治療

ED(勃起不全・イーディー)

ED(勃起不全)

ED(Erectile Dysfunction)とは、一般的に勃起不全や勃起障害と呼ばれます。主な症状としては、自身の意思で勃起する事が困難になり陰茎に直接的な刺激を与えても勃起しないなど、男性器が正常に機能しないことを指します。陰茎が正常に機能しなくなると、性交時における営みが十分に行えずパートナーにも不満を与えてしまうことに繋がり、現在多くの男性がその症状に悩まされています。

国内のED患者は現在1130万人というデータが確認されており患者数は年々増加傾向にあります。しかしそれと同時に現代では多くの治療法や、ED治療専門クリニックなども増えてきた為、ED治療によって症状を大幅に改善できます。

多く存在する治療法の中で、特に主流とされる1つとして内服薬による治療があり、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬が多く支持を集めており、治療効果も高く評価されています。ED治療薬の作用機序としては、いずれも血管を拡張し血行促進させる作用があります。これによって陰茎周辺部の血流を良くし、勃起の持続力を促進させる効果を得られます。

バイアグラ レビトラ シアリス
用量 25mg錠
50mg錠
100mg錠
5mg錠
10mg錠
20mg錠
5mg錠
10mg錠
20mg錠
効果が出るまでの時間 30分~1時間 10~30分 1~2時間
効果持続時間 3~6時間 5~8時間 30~36時間
食事の影響 受けやすい 多少受ける ほとんど受けない
特徴 累計処方実績No.1
標準的なED薬
65歳以上は
20mg錠の適応なし
副作用が最も少ない
近年主流のED薬

ED治療薬の副作用

ED治療薬にも副作用が現れる可能性があります。すべての治療薬において、血管を拡張させ血行促進を計る治療効果になるので、顔のほてり・頭痛などが確認されています。顔のほてりといっても重度のものではなく、逆にED抑制の効果があらわれたという目安になります。頭痛に関しては、ロキソニン(鎮痛剤)などの一般薬を一緒に服用する事で抑えることが可能です。

ED治療薬の併用禁忌薬

ED治療薬は血管を拡張させるという観点から、服用によって血圧を下げることが確認されます。その為併用禁忌薬(一緒に服用してはいけない薬)として、狭心症治療に適応されるニトロ系のお薬の服用が全面で禁止されています。この系統のお薬はED治療薬と同じで、血圧を下げる作用を持ちます。その為一緒に併用することによって急激に血圧を下げてしまい大変危険です。

ED治療薬が処方できない方

  • ニトログリセリンや亜硝酸アミルなどの硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤を投中の方。
  • 本剤の成分に対してアレルギー反応などの既往歴のある方。
  • 心血管疾患などで性行為が不適当と考えられる方。
  • 肝硬変などの重度の肝機能障害の方。
  • 低血圧の方(血圧<90/50mmHg>、管理がなされていない高血圧の方(安静時収縮期血圧>170mmHg または安静時拡張期血圧>100mmHg)
  • 脳出血、脳梗塞、心筋梗塞が過去6カ月以内に発症したことのある方。
  • 網膜色素変性症の方。

EDの原因

EDに発症する原因は多くありますが、その中でも多く確認されているED要因のとして器質性(身体的要因)と心因性(精神的要因)の2つがあります。

・器質性ED(身体的要因)
器質性のED症状は加齢が主な原因とされ、加齢は動脈硬化や性的刺激の感度低下を増加させ、それによって陰茎の機能を鈍らせED発症のきっかけとなります。また加齢に伴う糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病が原因となりEDを発症するケースもあります。この場合30~60代といった幅広い年齢層のED発症が確認されています。
・心因性ED(精神的要因)
心因性のED症状は、心理的ストレスや抑うつ、人間関係などの心理的要因によって引き起こされるEDです。心因性EDの特徴として、夜間早朝の勃起は正常に機能します。しかし性欲低下や過剰抑制などの症状が起こります。また心因性EDには前触れがなく突然発症することが多く確認されています。

個人輸入でのED治療薬服用

ED治療を個人輸入のED治療薬で行っている方もいます。しかし個人輸入によるED治療薬には偽造品が多い事をご存知でしょうか。実はインターネットなどで購入できるED治療薬の約60%が偽造品というデータが確認されています。錠剤自体も正規品とそっくりな為見分けがつきにくく、偽造品を服用し続けている方も多くいます。偽造品は確りとした製造過程の確立や成分チェックが行われておらず、中には人体に影響を及ぼす危険なものも存在し大変危険です。その為、ED治療を個人輸入の手段で行うことはお勧めできません。個人輸入のED治療薬を服用し体調を崩された場合は、病院の診察を即時に受けてください。

EDに関する良くある質問

Q. 現在70歳ですが、ED治療薬を服用しても大丈夫ですか?
A. いずれのED治療薬も年齢によって制限を受けるという事はありません。健康状態に問題がなく、併用禁忌薬の概要を確りと守ることを前提する服用であれば、70代・80代の方でも問題ありません。
※ただしユナイテッドクリニックではレビトラ20mgのみ65歳以上の方の服用を制約しております。
Q. ED治療薬を初めて服用しますが、すぐに効果を得られますか?
A. ED治療薬は個人によって効果にムラが出やすいお薬になるので、初めての服用という事で緊張や不安よって十分な効果を得られない可能性があります。その為、お薬の効果判定は最低6回程度試すことが原則となります。
Q. ED治療薬の郵送や通信販売は可能ですか?
A. 郵送や通信販売でのED治療薬をお渡しすることは出来かねます。ご来院頂き、本人様の直接診察からの処方になります。
Q. 肝機能障害の指摘を受けていますがED治療薬の服用は可能ですか?
A. 軽度の肝機能障害は服用に問題ありませんが、肝硬変などの重度の肝機能障害を指摘されている場合は服用が禁止されています。
Q. 妊活中ですがED治療薬は妊娠に影響するのでしょうか。
A. ED治療薬は精子に影響はありません。妊娠しても胎児にも影響はございません。

治療の流れ

STEP01 STEP02 STEP03
問診票に記入して頂きます (※) 診察 素早く院内処方

※問診票は院内でご記入頂くか、サイト内からダウンロード頂けます。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
078-855-3788
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト