ザガーロ

ザガーロ:zagallo(一般名 デュタステリド:dutasteride)

ザガーロ(デュタステリド)処方

ザガーロ

「ザガーロ(zagallo)」はAGA(男性型脱毛症)の治療薬として2016年6月13日にグラクソ・スミスクライン(GSK)社から販売されたAGA治療薬です。ザガーロの有効成分は「デュタステリド」といい、元々前立腺肥大症の治療薬「アボルブ」としてという名称で世界100ヶ国以上で承認され、日本でも2009年に製造・販売を開始しました。デュタステリド製剤は、前立腺肥大症の治療に使用されていた頃からAGA治療にも効果がある事が知られていました。その後、AGA治療薬として「ザガーロ」の名称で2016年に承認されました。つまり、アボルブは前立腺肥大症の治療薬、ザガーロはAGAの治療薬として承認されましたが、名称の違いだけでどちらの薬剤も中身の成分は同じ「デュタステリド」ですので効能・効果も同じです。

ザガーロ(デュタステリド)の効果

ザガーロの有効成分デュタステリドは、プロペシアの有効成分フィナステリドと同様に「5α還元酵素阻害薬」に分類されます。デュタステリド・フィナステリド共に、AGAの主な原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されないために、5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。

この5α還元酵素には、I型とII型が存在します。フィナステリドはII型の働きのみを阻害するのに対して、デュタステリドはI型5α還元酵素の働きをも阻害する上、II型5α還元酵素もフィナステリドの約3倍阻害するため、フィナステリドよりもDHTをより強力に抑制します。

ザガーロ(デュタステリド)の副作用

副作用の主なものは日本人120例を含む557例中95例(17.1%)で、勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液減少7例(1.3%)でした。ザガーロの副作用はプロペシアの副作用と同じですが、その頻度はザガーロのほうが若干高くなっています。ED(勃起不全)の症状が出た場合はED治療薬の服用で改善しますし、リビドー減退・精液減少の症状でも「亜鉛」「マカ」等をを服用することで症状の改善が見込めます。 当院では各種ED治療薬・医療用栄養補助剤を取り揃えておりますので、お悩みの方は気軽にご相談ください。

ザガーロ(デュタステリド)の服用方法

必ず1日1回1カプセルを服用してください。食前・食後、朝・昼・晩いつでも問題ありませんので、ご自身が1番飲み忘れないタイミングを作るようにしましょう。また、毎日同じ時間に服用することでデュタステリドの血中濃度が一定になり、DHTの生成を安定して抑制することができます。ただし、アルコールを飲まれる方は、肝臓に過度な負担がかかってしまうため、夜の服用はお控えください。

早い方だと3ヵ月連続服用で効果が出る方もいますが、通常は6ヵ月~1年以上の連続服用が必要です。また途中で中断してしまうと効果が途絶えてしまうため、効果を持続させるためにも継続的な服用が重要です。

ザガーロ(デュタステリド)の禁忌・その他注意点

本剤の成分及び他の5 α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者・未成年・女性(妊婦、産婦、授乳婦等)・小児等・重度の肝機能障害のある患者

ザガーロはAGA(男性型脱毛症)にのみ作用する薬剤です。女性はもちろん男性でも円形脱毛症やびまん性脱毛症、抗がん剤の副作用による脱毛の方には効果が得られません。

ザガーロに併用禁忌薬はありません。だだし抗うつ薬や抗てんかん薬と併用する場合は血中濃度が上昇する可能性がございますので注意しながら服用してください。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドに触れてしまうと胎児の生殖器官の正常発育の影響を及ぼす恐れがあります。ザガーロはカプセル化されていますので、そのまま触れても有効成分であるデュタステリドが経皮から吸収されることはありませんが、ザガーロのカプセルを開けて直接成分に触れると経皮吸収されますので閉経前の女性は有効成分に触れないよう注意が必要です。

ザガーロ服用で胎児の生殖器の発達に影響を及ぼす可能性はほぼありません。アカゲザルを用いた研究ではデュタステリド摂取による奇形を有した児はいなかったとの結果が出ていますので、ザガーロ服用と胎児の催奇形性に関して過剰に心配する必要はありません。しかし子作りを希望でザガーロの影響がご心配の方は最低でも1ヶ月以上前からザガーロの服用を中止したほうが無難です。ザガーロの血中濃度が完全にゼロになるには6ヶ月程度かかるため挙児(子作り)希望の方は医師とご相談ください。

ザガーロの服用を開始してから2週間~1ヵ月程度経過した頃に、「初期脱毛」と言って一時的に頭髪が抜ける現象が起こることがあります。ただしこれは副作用ではなく薬剤の効果が出ている証拠ですので、抜け毛を気にしすぎてザガーロの服用を中止しないようにしてください。また初期脱毛は必ず起こるわけではありません。

ザガーロの服用中は献血を避けてください。また服用を中止した後も6ヶ月間は献血を避けてください。

デュタステリドは前立腺がんの腫瘍マーカーPSA(前立腺特異抗原)の数値を変化させ、その値が正常値の半分になってしまう可能性がありますので、健康診断やかかりつけ医を受診する際にはザガーロを服用していることを伝えてください。ザガーロ服用中止後6ヶ月以上経てば影響はなくなります。

PAGE TOP
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト